J37: 小節を削除する

不要な小節をスコアから削除したい場合は以下の手順をお試しください。

■ 小節の削除

● 1小節のみ削除する場合

1. 操作を行いたいスコアを開き、削除したい小節の上にマウスカーソルを移動させ、Ctrl + 左クリックMacintosh ではコマンド + クリック)をします。

    ※ このときマウスカーソルは、小節内の音符などオブジェクトに触れない位置へ移動させます。

2. その小節全体が二重線で囲まれていることを確認し、Delete キーを押します。

なお、小節が一重線で囲まれている状態で Delete を実行すると、小節内のオブジェクトのみが削除されますが、小節そのものは残ります。

      

● 範囲を選択し、複数の小節を一度に削除する場合

1. 操作を行いたいスコアを開き、削除したい小節の上にマウスカーソルを移動させ、Ctrl + 左クリックMacintosh ではコマンド + クリック)をします。

    ※ このときマウスカーソルは、小節内の音符などオブジェクトに触れない位置へ移動させます。

2. 削除したい小節(終点となる小節)の上にマウスカーソルを移動させ、Shift + 左クリックMacintoshでは Shift + クリック)をします。

    ※ 手順 1. の後にCtrl + Shift + 右矢印キー Macintosh ではコマンド + Shift + 右矢印キー)にて小節単位で選択範囲を増やすこともできます。

3. 始点となる小節から終点となる小節までが二重線で囲まれていることを確認し、Delete キーを押します。

■ 小節削除の際の注意

Ctrl + 左クリックMacintoshではコマンド + クリック)で小節を選択したときに色が変わるテキストやオブジェクトなどは、Delete 実行の際に削除されます。削除したくないオブジェクトを選択している場合は、オブジェクトを隣の小節までドラッグするなどして一時的に削除する小節に添付されないようにしてください。

なお、オブジェクトがどの位置に添付されているか確認したい場合は [ 表示 ] > [ 添付ライン ] のチェックをつけた上でオブジェクトをクリックしてください。オブジェクトの添付している位置が灰色の矢印で表示されます。

Choose what you do