J97: 繰り返しの順序を手動で設定する

Sibelius では繰り返しの小節線や To Coda 等を認識し、自動で正しい順番で繰り返し再生を行いますが、非常に複雑なリピートのあるスコアの場合(コーダが 2 つある等)、Sibelius が自動解釈したリピートの順番が期待したものと異なる順番である可能性があります。

その他場合には、[再生] > [リピート] へ進み、[リピート手動再生] を選びます。

ここでは、リピートの順番を小節番号の数字で記入することによって、リピートの順番を決めることができます。初めは Sibelius が自動解釈したリピートの順番が記載されているので、任意に変更してください。元に戻す場合は [標準設定の順番に戻す] をクリックすれば、初めの値に戻すことができます。

複数の曲が1つのスコアに入っている、というようなファイルを作成している場合、途中で小節番号の変更を行っている場合がありますが、このリピート手動再生に入力する小節番号は現在表示されている小節番号ではなく、元々の小節番号であることに注意してください。

また、スコアの小節を削除または追加した場合には、このリピートの順番一覧も変更する必要がありますので、注意してください。

Choose what you do