その他の新機能

パワーツール

  • Shift を押しながらドラッグすると、オブジェクトを上下/左右に移動します。
  • AltまたはOptionを押しながらドラッグすると、添付位置は移動させずにオブジェクトを移動します。
  • CtrlまたはCommandを押しながらドラッグすると、移動時にマグネティック・レイアウト機能を一時的に無効化します。
  • コード記号入力時にTabを押すと、次の小節に移動します。
  • 音符入力の停止や選択解除(スマートボード用)のための新しいキーパッド・ボタンが追加されました。
  • 表示ハンドル:ラインの先端などを簡単に選択できます。
  • 新しいMacでF13-F19をショートカットとして使用できるようになりました。

再生

  • フェルマータ(休符)の長さやその後の無音部分を、全体または個別に設定できます。
  • ミキサーのフェーダーをダブルクリックすると、デフォルトの位置にリセットします(バージョン5.0以降の新機能)。
  • ShiftまたはCtrl/Command を押しながらインストゥルメント・ストリップを開くと、すべての同様の、またはその他のストリップも開きます(バージョン5.0以降の新機能)。
  • MIDIファイルへの書き出し時に、ミュートされている5線を除去します(オプション)。

画面表示

  • 特定のツールバー・ボタンを非表示にすることができます。
  • スペースが不足している場合に、ツールバー・ボタンを自動的に非表示にします。
  • 複数の開いているスコアをタイル表示するできます(Mac版の新機能)。
  • 矢印キーでシンボルシンボルの編集ダイアログ内を移動し、シンボル名を表示させることができます。
  • Ctrlとマウス・ホイールを使った、よりスムーズなズーム表示が可能になりました。
  • MacでCommand とマウスホイールを使ってズーム表示が可能になりました。
  • Mac版でダイアログでのキーボード・アクセスが改良されました(音符記号、シンボル、調号など)。
  • バージョンのペーパーとデスクのテクスチャーを設定できるようになりました。
  • その他多数の改良点が追加されています。

表記法

  • ダイナミクスは自動的にボーカルの5線上に配置されます。
  • スコアを分割するラインのコントロールが向上しました(例:半分に分割された5線それぞれに個別の上下ポジションやスラー/タイの形を設定)。
  • ラインの先端の選択がより簡単になりました。
  • ギター譜上には自動的にコード記号がダイアグラムとして表示されます。その他の5線にはコードテキストで表示されます。
  • タイの太さを調整することができます。
  • ボーカル譜では、連符は常に音符の上に表示されます(オプション)。
  • 小節の途中の音部記号の変更後も臨時記号を継続します。
  • 小節の長さによって、空の小節の幅を変更できます(オプション)。
  • 4/2拍子で、自動的に二全音符の休符が作成されます。
  • 複数の5線を使う楽器(キーボード、分割された木管楽器など)用に特別な5線のスペース調整が追加されました。
  • 同じ場所のその他の5線にあるものには影響を与えず、リハーサル・マークやテンポ・テキストを上下に移動するようになりました。
  • 多くのテキスト・スタイルやラインのデフォルト・ポジションが向上しました
  • 5線をまたぐビームが向上しました。
  • オッシア譜表が向上しました。

プラグイン

  • 不要な重複のチェック – 不要な音部記号/調号/拍子記号の変更を非表示/削除
  • 各5線をオーディオとして書き出し – シーケンサーへの読み込み用
  • スコアのフォルダを旧ベージョンへ変換
  • その他、プラグインの改良が追加されました。

ネットワークライセンス

  • 簡単なネットワークのインストール
  • クライアントコピーをどのIPアドレスからでも接続可能
  • 最大のネットワークライセンスが無制限に(これまでは255コンピューターまで)
  • コンピューターの全てのユーザーに同じプリファレンスを使用

その他の向上点

  • 特に大規模なパッセージを選択した場合の、多くの編集作業がより高速になりました。
  • スコアを閉じるときにバージョンの保存を確認するようになりました。
  • 新しいスコアの譜面用紙が向上しました。
  • 新しいスコアまたは読み込んだファイル用に自動的に米国式またはヨーロッパ式用紙サイズを選択します。
  • MusicXMLファイルのオクターブ・ラインを読み込みます。
  • 様々なバグが解決されました。

« 全ページ:パワーツール | 次ページ:アップグレードFAQ »

Sibelius 4以前のバージョンのユーザーにはさらに多くの新機能!

Sibelius 1、2、3または4のバージョンをご使用の場合、このページに記載されているすべての機能に加え、Sibelius 5で既に追加されている新機能も 追加されます。

再生

付属の150種類以上の素晴らしいサウンド、またはVST/Audio Unitインストゥルメントを使って再生することができます。高音質のCDやMP3を作成することができます。

ダイナミック・パート

パートをここに書き出す必要はありません。Sibeliusでスコアを作成する同時に自動的にパート譜が作成され更新されます。

アイデアハブ

曲のアイデアを入手して再利用することができます。2000種類以上のアイデアが含まれています。

5線のパノラマ/フォーカス

スコアを画面上に非常に分かりやすく表示することができます。

ビデオ

ビデオや映画用に曲を作曲、同期、再生することができます。

Worksheet Creator

1700種類以上のワークシート、練習問題、曲、その他の教育用リソースを内蔵しています。さらに、Wordに曲をコピーして独自の教材を作成することができます。

Sibelius 5 の新機能一覧を見る»