ダニー・エルフマンによる映画『アリス・イン・ワンダーランド』のスコアリングにSibeliusが貢献

    ティム・バートンの最新大ヒット作『アリス・イン・ワンダーランド』が、2010年4月17日に公開しました。主演俳優であるジョニー・デップとの作品としては、これで7作目となりますが、作曲家ダニー・エルフマンとのコラボレーションは、本作が14作品目となります。

    Copyright © 2010 Walt Disney Corporation

    Sibeliusはこの映画音楽のコンダクター(指揮者)スコアと、パート譜作成に使用されました。浄書家のロン・バーミリロンに、音楽制作におけるSibeliusの役割について話を聞きました。スコアはカルバー市のSony Scoring Stageで、指揮者ピート・アンソニー率いる95人のオーケストラによりレコーディングされました。

    ピーター・アンソニーと95人のオーケストラ (Photograph: Dan Goldwasser, courtesy ScoringSessions.com)


    レコーディングは12月と1月の2つのセッションに分けて行われたとロンは言います。映画音楽の制作には、毎回、酷くタイトなスケジュールに悩まされますが、この映画においても例外ではありませんでした。とてつもない時間制約の中での作業でした。最後のセッション用のオーケストラ編成開始からセッション開始日まで7日しかなく、楽譜制作には4日間しかありませんでした。しかし、幸いなことにロンと彼のチームはSibeliusを使用していました。「Sibeliusのおかげで5人のコピースト(浄書家)は難なくスケジュールをこなし、すべてを時間内に終わらせたんだ!」。

    編曲家エドガード・シモーンと浄書家ロン・パーミリオン (Photograph: Dan Goldwasser, courtesy ScoringSessions.com)


英文掲載元:www.Sibeliusblog.com
Choose what you do